2010年08月17日

いまさらエウレカ

ここ最近の台で、自分が大嫌いな台と言えば、そうです、エウレカです。

理由は多々ありますが、要約すると、
・これといったオンリーワンな特徴が無い
・ART中の上乗せ要素が薄過ぎる
・エウレカ自体に興味が無い(むしろ嫌い)
・楽曲の中に嫌いなミュージシャンがいる
といったところです。

好きな人がたくさんいるのは理解できますし、否定はしませんが、自分の中ではカレーライスのような台という印象でした。
また、自分はむしろ剣豪のような頑固親父のラーメン屋的な台が好きなので、まったくこれまで打ってきませんでした。
(カレーライス=日本人の誰もがおいしく食べられる癖のない台、ラーメン屋=個性も癖もありまくりで人を選ぶけどハマると病みつきになる台の意)

ですが、テモヤンさんが絶賛している事や、リスナーさんの中にエウレカが一番好きという人が多いのを見て、食わず嫌いで終わらさずに一度打ち込んでみようと思いました。
2スロにも導入された事だしw

かれこれ1週間打ち込んでみて感じた事は以下の通り。

<良い点>
・小役の出現率、重複・ART・高確移行のバランスが良く、常に何かを期待出来そうな妄想を抱ける
・地味な矛盾、確定パターンが豊富で意外と奥が深い
・エウレカを知らなくてもなんとなく分かる演出チョイス
・左が滑っても滑らなくても第2停止以降に期待出来る出目演出
・設定推測が簡単そうで難しいため、低設定を打っていても夢が見られる

<悪い点>
・低設定だとたまに小役を引く程度ではどうしょうもないという事実
・何かの間違いが起こらないとさざ波にすら乗れないART
・高確から超高確への敷居の高さ
・REGの押し順不正解時の様々なデメリット
・前兆演出の練り込み不足
・小役成立時のランプ位置が見づらい

そして、特筆すべき点であるマイスロ。
やってみるとRPG感覚でやはり面白い。
でも、こういうのは後半になるとMMOのように何も獲得できなくなって廃人ゲーになるのでしょうねw

これらすべてを含めて、自分としてはエウレカは「80点」です。
面白いんだけどスロとしては二流。
これといった特徴は無いんだけど、また打ちたくなる。
うん、やっぱりカレーライスだw
ただし、ARTにありがちなボーナス後高確を抜けたら次のボーナスまで苦行、通常時は一種類のレア役待ちなんて状態を一切無くした点は素晴らしいと思います。
結果的にどちらでも期待度は一緒なんだろうけど、色んな小役や状態からART突入の可能性を匂わせたのは上手いし、打っていて倦怠感を和らげてくれます。

神台とはとても言えませんが、大好きな人が多いのも理解できました。
posted by にわか王子 at 20:38| Comment(0) | 新台情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。